犯罪者の手口TOP

犯罪者の手口

空き巣やストーカーなどの犯罪者があなたの部屋に侵入する手口を紹介します。

焼き破り

    マーキング

        バールこじ開け

カム送り

    サムターン回しとは

    サムターン回し対策

焼き破り

空き巣などの犯罪者があなたの部屋に侵入して犯行に及ぶために侵入する手口で、焼き破りと言う手口があります。空き巣などの犯罪者の侵入手口は窓からの侵入が一番多いです。方法としては、窓ガラスを破り内鍵を開け侵入すると言うパターンです。窓ガラスの割り方ですが、ガスバーナーで窓ガラスのクレセントの部分の外側を熱します。次にその部分に水をかけると大きな音をさせないで窓ガラスにひびが入ります。その部分からドライバーなどを入れてクレセントを回して窓ガラスを開錠します。この方法が窓ガラスの焼き破りと言います。同じ方法で焼き破りをしないで、ハンマーのようなもので窓ガラスを破壊してクレセントを回して窓ガラスを開錠する荒っぽい手口を使う犯罪者もいます。交通量の多い街道沿いや電車の線路沿いなど一時的に大きな音がする所や道路から死角になっていたり、植木や高い塀などで囲まれていて、見通しの悪い部屋の窓ガラスやベランダなどが狙われやすいです。焼き破りの防犯対策としては、クレセントは鍵付きのものに交換する。窓枠の上下に補助錠を取り付ける。窓ガラスに振動に反応する防犯ベルを取り付け、窓ガラスの外側に防犯ベル設置などのステッカーを貼る。窓ガラスの外側に格子をつける。窓ガラスに防犯フィルムを貼るなど、どの防犯対策グッズもホームセンターなどで購入可能で、自分で取り付ければ費用はそれ程かからずに防犯対策が行えます。費用が高額になりますが、ベランダなどの窓ガラスを防犯ガラスに交換すると犯罪者が侵入に時間がかかり侵入を諦める可能性が高くなります。窓ガラスで網の入った網ガラスがありますが、一見頑丈そうにみえますが、災害などでガラスが割れた時に周辺に散らばるのを防ぐ役割をするだけで、防犯対策効果は低いですから知識として覚えておいて下さい。


マーキング

マーキングとは空き巣などの犯罪者、訪問販売員や新聞勧誘員などが表札や郵便ポスト、玄関などに付ける符丁もようなものです。シールを貼ったり文字やマーク、絵などを表札や郵便ポスト、玄関などに付け、部屋の住人の特徴や家族構成、特徴、生活習慣、留守の時間、侵入した事があるなどの情報を仲間の間でやり取りしている様です。私がまだこういった防犯の知識が無い、若い独身時代に住んでいたアパートの玄関のドアの上の部分に、黄色いシールが貼ってあったのを覚えていて、防犯の勉強をしてマーキングの事を知った時は驚きました。当時この黄色いシールはなんだろうと思っていましたが、そのままあやふやになってしまいました。幸いにも空き巣などの被害には遭いませんでしたが、もし空き巣や暴行などの被害に巻き込まれていたかも知れないと思うとゾッとしました。私達の知らない所で、自分の情報がやり取りされていると思うと、怖いやら悔しいやら気分が悪いです。ちなみに黄色いシールの意味は変わった人が住んでいるという意味だそうです。この黄色いシールを貼った犯罪者は、私の事を変わった人物と見たようです。ちなみに白いシールは独身女性が住んでいる部屋と言う意味です。文字では、「SW20 1020」と書かれている場合、20台の独身女性が住んでいて、10時から20時まで留守と言う意味です。こういったシールや文字が書かれているのを発見した場合は、大家さんや不動産屋さんに確認後、必ず警察に通報して下さい。同時に防犯パトロールの強化をお願いしておきましょう。

バールこじ開け

空き巣などの犯罪者があなたの部屋に侵入して犯行に及ぶために玄関から侵入する手口で、バールこじ開けと言う手口があります。この手口は特に凶悪化している外国人窃盗団などの使う手口です。バールこじ開けとは、建設現場などで使われているバールと言うL字型の鉄の棒を使って、玄関のドアを強引にこじ開けて侵入するという荒っぽい手口です。この被害に遭うと部屋を物色されて受けた被害の他に、ドアの修理代金も負担しなければならないので、被害額も大きくなります。私の友人はこのバールこじ開けの被害に遭い、ドアの修理代だけで50万程かかったと言っていました。日本は玄関のドアは外開きなのに対し、欧米などは、このバールこじ開け対策なのか玄関のドアは内開きになっています。ドアが内開きならば、てこの原理を利用して玄関のドアをこじ開けるバールこじ開けは、有効な対策と言えるでしょう。ドアの強度がそれ程強くない材質を使っている部屋も狙われやすいと言うデータもあります。玄関のドアに隙間がある場合は、狙われやすくなりますので、こじ開け防止プレートを取り付けることをおすすめします。こじ開け防止プレートはホームセンターなどで購入する事が出来ます。作業もドライバーのみで取り付けが可能です。また補助錠を設置してワンドア、ツーロックにする事もバールこじ開け防止対策に有効です。

カム送り

空き巣などの犯罪者があなたの部屋に侵入して犯行に及ぶために玄関から侵入する手口で、カム送りと言う手口があります。カム送りとは特殊工具を使い、シリンダーを覆うカバーの隙間からカムと呼ばれる部分を動かして、デットボルトを作動させて開錠させる手口で、バイパス開錠とも呼ばれています。近年ピッキングに強いディンプル錠が取り付けられ様になり、ピッキングで開錠していた犯罪者がカム送りと言う手口を使うようになったと言われています。カム送りは玄関のいドアを傷つけずに開錠することが出来るため、部屋の住人が犯罪者に侵入された事に気が付かない、また気が付くのが遅れた、鍵を掛け忘れて出かけたものと勘違いする位巧妙な手口です。カム送りで開錠が可能な鍵は約900万個販売されたといい、型番が警視庁のホームページで確認する事が出来ますので、不安な方は確認してみる事をおすすめします。万が一カム送り可能な鍵が付いている賃貸の部屋の場合、大家さんや不動産屋さんに相談してみましょう。カム送り対策は特殊工具がカバーの隙間から入るのを防ぐ部品を取り付ける方法が一番安上がりです。部品は鍵メーカーの純正部品が数千円で取り付け工事可能な鍵屋さんもありますので、問い合わせてみましょう。

サムターン回しとは

空き巣などの犯罪者があなたの部屋に侵入して犯行に及ぶために玄関から侵入する手口で、サムターン回しと言う方法があります。サムターンと言うのは、玄関のドアの内側にあるドアノブの近くにあるつまみの事です。あなたが玄関から部屋に入り内鍵を掛ける時、回すつまみと言えば分かりやすいと思いますが、そのつまみを玄関の外側から特殊工具を入れて回し開錠することをサムターン回しといいます。
空き巣などの犯罪者はドアスコープを破壊してそこから特殊工具を入れたり、ドアに付いているポストから特殊工具を入れて、サムターンを回して開錠します。ドア近くに窓などがある場合は手を入れてサムターンを回す事もあります。荒業としては、ドアノブの横に手動ドリルを使って穴を開け、そこから特殊工具を入れてサムターンを回す手口もあります。ドアとドア枠の隙間から特殊工具を入れてサムターンを回して開錠するプロもいます。ドアとドアの隙間と言ってもほんの数ミリですし、サムターン回しで開錠する時間も5秒ほどで仕事を終えてしまうプロもいるそうです。もちろんドアに傷など付けませんので、鍵を掛け忘れたと思う被害者もいるそうです。言葉は悪いですが、見事と言うありません。手口も巧妙で、サムターン回しで開錠して、部屋を荒らさないで金品を盗み、またサムターンを回して鍵を掛けて逃走するという事件も起きています。部屋が荒らされていないので、犯罪者が部屋に侵入したのをしばらく気がつかないと言う被害者が多いです。

サムターン回し対策

サムターン回しとは、特殊工具を入れてサムターンを回して開錠するという手口で、プロの仕事の場合開錠に5秒程度しかかからない場合もあります。空き巣などの犯罪者の7割は、侵入に5分以上かかる部屋は侵入を諦めるというデータがありますので、サムターン回し対策をして開錠に時間がかかるようにしたり、サムターン回し自体を諦めさせる対策を施しましょう。
サムターン回しの場合、その開錠方法の性格上、ピッキング対策に高価なディンプルキーを取り付けてもまったく効果がないと言う忌々しい事実があり、サムターン回し対策を他の防犯対策と同時に考えなければいけません。サムターンにカバーを付けて特殊工具を入れても開錠できなくするプラスティック製のカバーが売っていますが、簡単に破壊されてしまいます。カバーを取り付ける場合は素材がステンレス製のものを選びましょう。少し高価になってしまいますが、サムターンを押しながら回すタイプや補助錠になりますが、鍵穴がなくリモコンでサムターンを回すタイプや暗証番号で開錠するタイプのものもあります。ドアスコープも空回りして玄関の外からは外せないものもあります。サムターン強化対策ドアとか防犯ベル設置、監視カメラ設置などと書いたステッカーを貼り犯罪者を威嚇すると言う方法もあります。ここで紹介した防犯グッズの他にもサムターン回し対策の防犯グッズも多数販売されています。あなたに合ったサムターン回し対策グッズを探して防犯対策を強化して下さい。