焼き破り

空き巣などの犯罪者があなたの部屋に侵入して犯行に及ぶために侵入する手口で、焼き破りと言う手口があります。空き巣などの犯罪者の侵入手口は窓からの侵入が一番多いです。方法としては、窓ガラスを破り内鍵を開け侵入すると言うパターンです。窓ガラスの割り方ですが、ガスバーナーで窓ガラスのクレセントの部分の外側を熱します。次にその部分に水をかけると大きな音をさせないで窓ガラスにひびが入ります。その部分からドライバーなどを入れてクレセントを回して窓ガラスを開錠します。この方法が窓ガラスの焼き破りと言います。同じ方法で焼き破りをしないで、ハンマーのようなもので窓ガラスを破壊してクレセントを回して窓ガラスを開錠する荒っぽい手口を使う犯罪者もいます。交通量の多い街道沿いや電車の線路沿いなど一時的に大きな音がする所や道路から死角になっていたり、植木や高い塀などで囲まれていて、見通しの悪い部屋の窓ガラスやベランダなどが狙われやすいです。焼き破りの防犯対策としては、クレセントは鍵付きのものに交換する。窓枠の上下に補助錠を取り付ける。窓ガラスに振動に反応する防犯ベルを取り付け、窓ガラスの外側に防犯ベル設置などのステッカーを貼る。窓ガラスの外側に格子をつける。窓ガラスに防犯フィルムを貼るなど、どの防犯対策グッズもホームセンターなどで購入可能で、自分で取り付ければ費用はそれ程かからずに防犯対策が行えます。費用が高額になりますが、ベランダなどの窓ガラスを防犯ガラスに交換すると犯罪者が侵入に時間がかかり侵入を諦める可能性が高くなります。窓ガラスで網の入った網ガラスがありますが、一見頑丈そうにみえますが、災害などでガラスが割れた時に周辺に散らばるのを防ぐ役割をするだけで、防犯対策効果は低いですから知識として覚えておいて下さい。