<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

バールこじ開け

空き巣などの犯罪者があなたの部屋に侵入して犯行に及ぶために玄関から侵入する手口で、バールこじ開けと言う手口があります。この手口は特に凶悪化している外国人窃盗団などの使う手口です。バールこじ開けとは、建設現場などで使われているバールと言うL字型の鉄の棒を使って、玄関のドアを強引にこじ開けて侵入するという荒っぽい手口です。この被害に遭うと部屋を物色されて受けた被害の他に、ドアの修理代金も負担しなければならないので、被害額も大きくなります。私の友人はこのバールこじ開けの被害に遭い、ドアの修理代だけで50万程かかったと言っていました。日本は玄関のドアは外開きなのに対し、欧米などは、このバールこじ開け対策なのか玄関のドアは内開きになっています。ドアが内開きならば、てこの原理を利用して玄関のドアをこじ開けるバールこじ開けは、有効な対策と言えるでしょう。ドアの強度がそれ程強くない材質を使っている部屋も狙われやすいと言うデータもあります。玄関のドアに隙間がある場合は、狙われやすくなりますので、こじ開け防止プレートを取り付けることをおすすめします。こじ開け防止プレートはホームセンターなどで購入する事が出来ます。作業もドライバーのみで取り付けが可能です。また補助錠を設置してワンドア、ツーロックにする事もバールこじ開け防止対策に有効です。