サムターン回しとは

空き巣などの犯罪者があなたの部屋に侵入して犯行に及ぶために玄関から侵入する手口で、サムターン回しと言う方法があります。サムターンと言うのは、玄関のドアの内側にあるドアノブの近くにあるつまみの事です。あなたが玄関から部屋に入り内鍵を掛ける時、回すつまみと言えば分かりやすいと思いますが、そのつまみを玄関の外側から特殊工具を入れて回し開錠することをサムターン回しといいます。
空き巣などの犯罪者はドアスコープを破壊してそこから特殊工具を入れたり、ドアに付いているポストから特殊工具を入れて、サムターンを回して開錠します。ドア近くに窓などがある場合は手を入れてサムターンを回す事もあります。荒業としては、ドアノブの横に手動ドリルを使って穴を開け、そこから特殊工具を入れてサムターンを回す手口もあります。ドアとドア枠の隙間から特殊工具を入れてサムターンを回して開錠するプロもいます。ドアとドアの隙間と言ってもほんの数ミリですし、サムターン回しで開錠する時間も5秒ほどで仕事を終えてしまうプロもいるそうです。もちろんドアに傷など付けませんので、鍵を掛け忘れたと思う被害者もいるそうです。言葉は悪いですが、見事と言うありません。手口も巧妙で、サムターン回しで開錠して、部屋を荒らさないで金品を盗み、またサムターンを回して鍵を掛けて逃走するという事件も起きています。部屋が荒らされていないので、犯罪者が部屋に侵入したのをしばらく気がつかないと言う被害者が多いです。