<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

サムターン回し対策

サムターン回しとは、特殊工具を入れてサムターンを回して開錠するという手口で、プロの仕事の場合開錠に5秒程度しかかからない場合もあります。空き巣などの犯罪者の7割は、侵入に5分以上かかる部屋は侵入を諦めるというデータがありますので、サムターン回し対策をして開錠に時間がかかるようにしたり、サムターン回し自体を諦めさせる対策を施しましょう。
サムターン回しの場合、その開錠方法の性格上、ピッキング対策に高価なディンプルキーを取り付けてもまったく効果がないと言う忌々しい事実があり、サムターン回し対策を他の防犯対策と同時に考えなければいけません。サムターンにカバーを付けて特殊工具を入れても開錠できなくするプラスティック製のカバーが売っていますが、簡単に破壊されてしまいます。カバーを取り付ける場合は素材がステンレス製のものを選びましょう。少し高価になってしまいますが、サムターンを押しながら回すタイプや補助錠になりますが、鍵穴がなくリモコンでサムターンを回すタイプや暗証番号で開錠するタイプのものもあります。ドアスコープも空回りして玄関の外からは外せないものもあります。サムターン強化対策ドアとか防犯ベル設置、監視カメラ設置などと書いたステッカーを貼り犯罪者を威嚇すると言う方法もあります。ここで紹介した防犯グッズの他にもサムターン回し対策の防犯グッズも多数販売されています。あなたに合ったサムターン回し対策グッズを探して防犯対策を強化して下さい。