<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

防犯対策 警察に相談してみましょう。

女性の一人暮らしで、実際に空き巣や痴漢、ストーカーなどの被害にあったり、被害にあっていなくても怖い思いをした、防犯上不安なことや気になることなどがある場合は近所の交番に相談に行ってみましょう。実際に被害にあった事実や証拠などがなければ、注意事項などのアドバイスのみの対応になってしまうなど、交番や警官の対応はまちまちですが、親身になってアドバイスをしてくれたり、防犯パトロールを強化してもらったり、防犯パトロール中に気を配ってもらったりしていただけることがありますので、交番に相談に行ってみる価値は有ると思います。実際に防犯パトロールを強化してもらうことができれば、防犯面ではかなりの効果が期待出来ますので、お願いしてみましょう。実際に痴漢の被害にあった女性が、近所の交番に被害届きを出しに行き、防犯パトロールの強化をお願いしたところ、毎日の防犯パトロールの際にその女性のマンションの前を巡回してくれたというありがたい話もあります。女性の一人暮らしで防犯対策をしていたにもかかわらず、万が一空き巣や性犯罪などの被害に遭ってしまった場合には、実害がなくとも警察に届けに行きましょう。実害がない、捕まる可能性が低いなどの理由で届け出を躊躇する方もいますが、同一犯による事件の可能性もあり、ささいなことでも手掛かりになることもありますし、事件があった地域は防犯パトロールを強化してくれますので、防犯上有効であるだけでなく第二第三の被害者を出さないことにもつながると思います。