<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

盗難保険の注意点

防犯対策をしていたにもかかわらず、運悪く空き巣などの被害に遭ってしまった場合は、すぐに警察に届け出ましょう。(保険金の申請には警察の被害届が必要です。)警察に届け出たからといってすぐに犯人が捕まるかというと、可能性はゼロではありませんがなんとも言えません。もし空き巣の被害に遭って金品を盗まれたとしても、盗まれたものが帰ってくる可能性は非常に低いことが現実です。盗まれ損をしないためにも、神経質な位の防犯対策をしておくことをおすすめします。警察に届け出ることによってへ連続性は有るか?同一犯が地域を荒らしているのか?警戒の強化につながったり、再発防止にも役に立つ可能性もあります。女性の一人暮らしの場合、所有権、賃貸にかかわらず、火災保険に必ず入っていると思いますが、保険の種類によっては空き巣などの被害にあい金品を盗まれた場合、保険で保証される場合があります。これは知らない方が多いので、友人や知人の方にも口コミ情報として教えて上げてください。
火災保険と言うのは火災のほかに盗難、水ぬれ、水害、突発的な事故などあらゆる生活上の事故を保証してくれます。保険の種類や保険会社によってまちまちですが、現金の盗難に遭った場合10万円までとか20万円までとか、上限の保証額が決まっています。私の友人は車のタイヤとホイールを盗まれましたが、火災保険で10万円の保証を受けることができたそうです。今火災保険に入っている方は、契約書を確認して保険の内容を把握しておけば、更新のときなど保証額の内容の変更をお願いしやすいですね。