<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

洗濯物を干すときの注意点

洗濯物は室内干しが一番安心です。洗濯物から女性に一人暮らしである事が犯罪者に読まれてしまうのを防げるからです。下着や大切な服など盗まれて困るものの盗難防止にも役立ちます。しかし洗濯物を外に干したいという方もいると思います。その場合は下着はもちろん大切な服なども干すのは控えておいた方が良いでしょう。洗濯物を干す時、男性物の下着を一緒の干すのも有効です。女性物の洗濯物のみ干していると、女性の一人暮らしと覚られてしまいます。洗濯をする曜日、時間帯、洗濯を取り込む時間帯にも気を配りましょう。泥棒は洗濯物を見て部屋の住人の家族構成を調べます。そして洗濯物を干す時間、取り込む時間帯で部屋の住人の生活習慣なども把握します。洗濯物を観察しただけで、この部屋の住人は20代の女性の一人暮らしで、休日は土、日の週末。出勤時間は8時で、帰宅時間は夜遅くなど、簡単に分かってしまいます。泥棒はこの程度分かっているだけで空き巣に入る時間の計画を立てられてしまいます。空き巣の被害で女性にとって気持ち悪いのは、空き巣に入っても金品等は盗まずに洗濯していない下着を盗む変質者がいるのです。中には売買目的で盗む輩もいるそうです。私の知り合いの女性はお風呂に入る時に下着だけ洗ってしまうそうです。これは防犯対策のために始めた事ではなく幼いときからの躾だったそうです。習慣が防犯対策に役立っているということです。