<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

夜間の帰宅時の注意点 〜自宅に着いたら〜

自宅に着く前に鍵を用意するもは良い事ですが、じゃらじゃらと緊張感なく持っていると鍵を奪われたりする危険がありますし、玄関の前で鍵を探す為にカバンの中をごそごそと探したりしてもたついていると、背後から近寄られ、部屋に押し入られる危険もあります
☆自宅近辺から部屋に入るまでのマニュアルを紹介☆
1、自宅に近くなったら鍵がすぐに出せるように、準備しておきます。カバンから鍵をだしてしっかりと持っていても良いでしょう。(これは私が推奨している事ですが、駅から自宅に向かう帰り道で鍵を手に持っていましょう。そうすると鍵が防犯グッズの役割を果たす場合があります。鍵の尖った先を犯罪者に押し付けるだけでも痛いです。相手がひるんだ隙に逃げましょう。)
2、自宅の玄関に着いたら、必ず回りを見回しましょう。物陰に隠れている場合があります。オートロックや建物に玄関がついている場合は知らない人と同時に建物に入らない事も重要です。エレベーターも同様です。一緒になった人に申し訳なくても、一緒の建物の中に入らない、エレベーターに乗らない方が無難でしょう。
3、玄関まで来たらピンポンとチャイムを鳴らしましょう。これは万が一空き巣が部屋の中を物色していた場合、鉢合わせしないように泥棒に逃げる隙を与えるためです。実際に帰宅した時に泥棒と鉢合わせ下と言う事例も多いです。
4、用意していた鍵でドアを素早くあけ、部屋に入ったら鍵とドアチェーンをかけましょう。
*素早く部屋の中に入る事を推奨する理由は、部屋のドアが開いた瞬間に押し入って乱暴を働くと言う被害は多いですからです。十分な対策と心構えが必要です。