<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

女性の一人暮らしで一階に住むのは安全か?

女性の一人暮らしで、一階に住むのは安全か?と言う議論がなされます。今実際に住んでいる方など、関心をおもちの女性も多くいらっしゃいます。結論から言うと、やはり女性の一人暮らしの場合は一階に住むのは避けたほうがよいでしょう。これは女性の一人暮らしに限りませんが、マンションやアパートなどの集合住宅で空き巣や性犯罪の被害に合いやすい階はやはり1階だからです。かといって2階や3階や高層階が安全かというとそうとは限りません。空き巣や性犯罪などの被害に遭ってしまう場合は、何階であっても遭ってしまいます。逆に高層階に住んでいる女性の方が防犯意識の低い方が多いこともあり、仕事がやりやすいと高層階を中心に狙う犯罪者もいるほどです。一階に限らず、何階に住んでいても女性の一人暮らしは厳重な防犯対策が必要です。一階に住んでいても、防犯意識が高い住人であると犯罪者に感じさせることができたら、他のターゲットを探すでしょうから、1階でも安心して住むことが出来ますが、やはり一階からの侵入が多いというデータからすると、一階に女性が一人暮らしすることをお勧め出来ません。
建物回りの見通しが良いというのは、セキュリティーの良い建物の条件の一つですが、人通りの多い道に面した建物の場合、カーテンなどをして窓を開けないでも、落ち着きませんね。カーテンを洗濯するのに、窓際でカーテンを外していたら通行人と目が合ったと言う話もあります。一階というのは便利な反面、防犯面やプライバシーの面で何かと不都合な事が多いのも一階をおすすめしない理由の一つです。