歩き方と姿勢の注意点

ひったくりや変質者に狙われやすい女性の方の歩き方や姿勢がありますので注意が必要です。ひったくりや変質者が敬遠する歩き方や姿勢を紹介します。夜暗くなってからの帰宅の際、駅からの帰り道などでは、犯罪者はあなたを観察して隙あらば襲ってやろうと狙っています。どんな歩き方や姿勢が防犯に役立つのか紹介したいと思います。犯人はあなたの歩き方や姿勢、雰囲気を観察しています。狙われやすい歩き方と姿勢は、歩く速度が遅くのろのろと歩く、チンタラとかったるそうに歩く、下を向いて歩いている、疲れていそうな姿勢や歩き方の女性などは狙われやすくなります。逆に見た目派手で、肌の露出などが比較的多くても、目的地に向かって毅然といきいきとして歩いている。颯爽とした歩調や歩幅、目線、雰囲気があると狙われにくくなります。日頃から歩幅を大きく早く歩く癖をつけておくのも重要な防犯対策になります。
露出魔などの変質者は女性が嫌がる反応を見たいという心理があります。突然現れ露出されても、無視するなど毅然とした反応をして、相手にしないで颯爽と歩き始めると言った対応が効果的です。キャーなどと驚いたようなリアクションをしたり驚いたり、嫌がったりすればするほど犯人は喜び、襲ってくださいと言っているようなものと言う変質者の心理を覚えておいて下さい。