<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

盗撮に対する防犯対策

盗撮用のカメラは内装工事業者を装ったり空き巣のようにあなたの留守中に忍び込み、金品などは盗まずにカメラだけ仕掛たりとさまざまな手段が使われ設置されるので、気がつかないうちに設置されていたという事が多いです。対策としては警戒心なしに他人を部屋に入れたりしないようにすることです。内装工事や室内掃除などで仕方ない場合は知人の男性などにお願いして、立ち会ってもらう事も必要です。新しく引っ越してきた際、二股のコンセントなどの小物が部屋に残されている場合がありますが、こういった自分のものでないものは一切使用しない方が良いでしょう。カメラの設置場所として多いのが、エアコンや室内灯、換気扇、コンセントなどです。また男性の知人からプレゼントを装ってぬいぐるみや時計などの中に設置する例もあります。そんなに親しくない知人からのプレゼントは、警戒した方が良いのかもしれません。盗撮用のカメラは知らないうちに設置されてしまいますので、不審に思うことがあれば盗撮機発見機で調べると良いでしょう。この盗撮機発見機で盗撮用のカメラが発見された例もあります。もう一つの発見例としては、掃除した時に発見したというデータも多いです。日頃からのマメな掃除が防犯対策に役立つようです。盗撮防止など防犯対策は神経質なくらいで丁度良いと思います。