<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

長期不在時の防犯対策 

海外旅行などで数日〜長期間留守にする場合の防犯対策について紹介したいと思います。長期不在時に限りませんが、玄関の周りやベランダはきれいに掃除して、不要な物を置かないようにしましょう。玄関回りやベランダなどがだらしないと、犯罪者に狙われるリスクが大きくなります。
犯罪者にこの部屋は留守と感じ取られないようにする事が大切です。郵便物や新聞がポストに溜まっているとこの部屋の住人は留守にしていると簡単に判ってしまいます。郵便物が留守中に配達されないように郵便局に不在留置届けを出しておきましょう。新聞を止めるのは判断の分かれる所で、新聞店に留守を教えているようなものと言う意見も多くあります。こういった意見の方は、信頼のおける知人や近所の住人に保管をお願いしましょう。新聞店に一定期間、新聞を止めるお願いをする場合は、留守の前日から止めてもらい新聞が配達されない事を確認しましょう。これは配達員の方に新聞を止めた事が伝わっているか確認するという意味があります。実際に新聞を止めたにも関わらず配達されていて、旅行から帰ってきたらポストに新聞が山のようになっていたという事がありました。人間のやる事ですから、ミスもあるでしょう。こういった抜かりのない防犯対策が実際に有効なのです。