郵便物の防犯対策

郵便物はあなたの大切な個人情報です。犯罪者はあなたの個人情報などを取得して観察を繰り返し入念な下調べをした上で犯行に及びます。毎日送られてくる郵便物には、口座を持っている銀行からの通知、携帯電話の料金、クレジット会社からの請求書など重要なものがたくさん含まれています。犯罪者に郵便物などからあなたの個人情報を得られないように郵便物に対して危機管理を徹底しましょう。もちろん郵便物は毎日回収しておく事が大切ですが、その他重要な郵便物の防犯対策について紹介したいと思います。
犯罪者に郵便物を見られたり盗まれないように、郵便ポストには鍵をつけましょう。また郵便ポストの差し入れ口から手が入って郵便物が取れるようですと、郵便物を盗まれてしまいますので、ポスト自体を交換するか差し入れ口から手が入らないようにポストの内側を細工するなどの対策が必要です。
郵便物がまれに取り出し口から飛び出ている場合があります。そんな場合は、差し入れ口に「郵便物は奥まで差し込んでください」などの張り紙をしておきましょう。
定期的に配達されてくるもので特に大切な個人情報が入っている、銀行の利用明細、携帯電話の請求書、水道光熱費の通知など、それらの郵便物がいつ届くのかを正確に把握しておきましょう。万が一届いていない場合は確認しておきましょう。盗まれてしまった可能性がある場合は犯罪者に狙われている可能性があるので、警戒する必要があります。