<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

エレベーターの注意点

女性の一人暮らしでマンションなど高層階に住む場合、エレベーターを使いますが、エレベーターは密室になる乗り物であり、その分危険性が高い場所といえます。見ず知らずの人と一緒に密室の中にいるわけですから、リスクも高くなりますので、注意点や心構えを覚えておきましょう。先ずエレベーターを待つ時ですが、ドアの正面に立たない事が大切です。壁に背を向けて背後から襲われるのを防ぐ事と、ドアが開いた途端いきなり襲われないようにする為です。エレベーターにはみず知らずの他人とは一緒に乗らない方が賢明です。他人と一緒になった時には一本見合わせましょう。見慣れない人や挙動不審な人の場合はなおさらです。また途中階から人が乗って来た時も、不安を感じたらエレベーターから降りてしまった方が無難です。
エレベーターに乗るときは、素早く操作パネルの前に立ち、横向きになり壁に背を向けましょう。何かあった時に非常ベルを鳴らしやすいポジションがここです。もう一つ注意したい点は、エレベーターの奥に行かない事です。エレベーターは3辺が壁になっているため、奥へ行けば行くほど、外から見えにくくなるため、痴漢などの犯罪に巻き込まれやすい場所でもありますし、万が一痴漢に襲われた時、一番近い階で降りたり逃げたりする事も難しくなります。あと少しで部屋に着くと言う気の緩みが、犯罪に巻き込まれる可能性に繋がります。エレベーターは一歩間違えると非常に危険な場所と言うのを肝に銘じてください。