オートロックや高層階の危険性(気の緩み)

マンションなどでは、オートロック付きは当たり前の時代で、防犯の代名詞の様にいわれていますが、はっきり言って玄関がオートロックになっているから防犯面で安心と言うわけにいきません。皆さんもお分かりかと思いますが、オートロックでも犯罪者の侵入は簡単です。住人と一緒になったように振舞ってオートロックを突破したりも簡単に出来ます。一番怖いのは、オートロックだから、高層階だから防犯面で安心と防犯意識が低い方がいる所です。私のカミサンは昔マンションに引っ越して来た若い頃、一日中玄関の鍵を開けっ放しでいたという平和ボケのした人でした。理由はオートロックだから泥棒は来ないのだそうだ。こういった防犯意識の低い人ほど泥棒に狙われやすいです。オートロックのマンションに住んでいると言う安心感から、ベランダや窓ガラスの防犯面にも気を配らない、訪問者の確認もせずに玄関のドアを開けてしまう。下着をベランダに干してしまう。など隙のある人は泥棒や変質者に狙われやすいです。泥棒や変質者はマンションがオートロックになっている事など、侵入をあきらめる理由にはならない事を肝に命じて下さい。大切な事は防犯意識を高く持つ事、隙を作らない事です。常に防犯について意識していないと狙われてしまいやすくなります。ちょっとした気の緩みが犯罪者から狙われる原因になります。犯罪者にここの住人はやりにくいと思わせれば防犯対策も成功したも同然です。