<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

実際に自分の足で歩いてみる

部屋から駅まで、スパーやコンビニなど買い物をする場所など入居後の行動パターンというのはある程度予想が付くと思います。その行動範囲を実際に歩いてみましょう。その場合日中と夜に分けて歩いてみると万全です。そしてこの行動範囲が防犯面で安全かどうかと言う観点で歩いてみる事です。道の街灯は明るいか、交通量、道幅、暗い公園や細い道、行き止まりの道の有無などもチェックしたいポイントです。コンビニなどの商店の場所も覚えておきましょう。危険を察知した時などとっさに駆け込めます。夜遅くや深夜に帰宅することが多い人は、特に注意が必要です。オフィス街や住宅地の場合は夜になると人道りがほとんど無いとか、風俗店やスナック、居酒屋などがあり酔っ払いが多いなど日中と夜とでは、街の雰囲気もガラリと変わる地域もありますので、夜も実際に歩いてみましょう。余裕があれば一つのルートだけでなく、微妙に道を変えてみると良いでしょう。実際に入居したら、部屋から駅までの道のりは色々と変える必要があります。これは行動パターンを観察され、待ち伏せをされないための対策で、ストーカーにあなたを待ち伏せする時の対策をたてられないと言う効果があります。