<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

部屋探しをする際の注意点 

部屋中の防犯設備についてチェックしたいと思います。玄関のドアスコープが壊されにくいか、ドアにポストが付いていないか?チェーンロックはついているか?サムターン回し防止サムターンか?ツーロックになっているか?玄関のい内側のチェックポイントはこの辺です。理想のお話で、入居前にこの設備が全部そろっていなくても大丈夫です。しかし入居したら交換などすべてチェックしましょう。ドア自体を交換するのは、無理があるので、ポストが付いていてカバーがないタイプのものはかカバーを取り付けましょう。箱型ですと郵便物や新聞が多いとあふれてしまい、玄関の外から見た時にだらしない隙のあるように見えてしまいますので、カバーのみで受けがなく、床の落ちるようなタイプのものが良いでしょう。窓ガラスやベランダのガラスは防犯用か?雨戸やシャッターが付いているか?ベランダに出てみて近くにベランダや屋根、建物の敷地内に伝わって侵入できる建物が近くにないか?窓から部屋を覗かれる位置に建物などないか?距離があっても同じ目線で部屋を覗かれるような位置に建物がないか?望遠鏡で部屋を観察していたという事件もあります。部屋の中に防犯設備が整っていなくても、入居してから増強すればよいのですから、チェックしておきましょう。しかし隣の建物の事など動かしようのないこともありますので、そういったことを重要視して部屋選びをしましょう。