迷惑電話の対処法

電話はいたずら電話や宣伝電話、変質者の性的嫌がらせや、泥棒や変質者が部屋の住人の情報を集めるのに使われたりと、一歩間違えると非常に危険で、女性の一人暮らしでは注意しなければいけません。電話に出るときは自分から声を出さない、名前を名のらないことが大切です。電話に出て相手の方からもしもしと話しかけない場合は声は出さずに、電話を切らずに放置してしまいましょう。相手側がもしもしと話し掛けてこない場合は大抵があなたに関係のない電話です。無言で電話を放置する事については、気にする事はありません。電話料金は相手持ちですから。万が一いたずら電話や宣伝電話などが掛かってきた場合には、相手にしないことが一番で黙ってそのまま電話を放置しましょう。又掛かってきても同様のことを繰り返すと掛かってこなくなります。この辺は根比べです。相手にして話し出すと相手の思う壺です。「結構です。」と断ったら、「結構ですねと喜んだじゃないか」と因縁を掛けて契約を迫られたと言う話もあります。暇つぶしとばかりにからかって相手にしてはいけません。相手はあなたの部屋を知っていて電話を掛けて来ているかも知れません。逆恨みなどされたらたまりません。