<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

玄関やエレベーターでの注意点

玄関に入る瞬間に襲いかかる痴漢も多いです。玄関の近くの植え込みなどに潜んでいて、一緒に部屋に押し込まれてしまうこともあるそうです。そうなると痴漢というより強姦に発展してしまう事もあるので十分に注意が必要です。対策としては家へ帰って玄関のドアを開けるときには周りをよく見回し、鍵を開けたら素早く部屋に入ってしまうことです。マンションがオートロックの場合でも注意が必要です。これは非常に難しい問題で、オートロックを開けてマンションの玄関に入る時、住人と一緒になる時です。顔見知りなら問題ありませんが、見知らぬ人の場合、変質者との区別がつかずエレベーターまで後をつけられたと言う話も実際にあります。オートロックの操作をして別に入って下さいなどとは言いづらいですし。中には一人ずつオートロックの操作をしなければいけないと言うルールになっているマンションもありますが、難しい問題です。不自然とい思ったら行き違ったり、管理人さんの近くで待機してしまうと言う方法もあります。エレベーターの乗り降りも痴漢に遭いやすい場所の一つです。エレベーターに一人で乗っていたら、ドアが閉まる瞬間エレベーターに乗ってきて、痴漢されたというい話もあります。対策としては、エレベーターの奥に入らないと言う事です。入り口のぼたんの近くにいて何かあったらすぐにどの階でも降りてしまいましょう。