共用部分の防犯設備

部屋探しをする場合、通勤や通学に便利な地域から沿線などを限定し、それから家賃などの条件で部屋を決めると言うパターンがほとんどですが、そういったポイントに付け加えて防犯も面でも安全かどうかも考えて部屋選びをするのも重要なポイントだと思います。特に女性はこう言った観点を重要視して部屋探しをしても良いと思います。部屋探しする際に安全、防犯面で注意したい事や気を配りたい事を紹介したいと思います。
マンションの玄関から部屋の入り口までの防犯設備についてですが、まずオートロックはないよりあった方が良いと言う程度に考えて頂いて良いと思います。なぜならば、オートロックのみでは犯罪者の建物への侵入を阻止できないからです。危険なのは、オートロック付きのマンションは安全思い込んでいる方が多い事です。共用部分やエレベーターに防犯カメラの設置がある事は犯罪者への警告や威嚇に繋がります。部屋の玄関の鍵がディンプルキーや指紋式、カードキーならば良いですが、ツーロックになっているか、鍵の取り付けは可能か?センサーライトの取り付けは可能か?ドアホンがカメラ式か?出来れば録画機能付カラーカメラであればゆうことありません。マンションの入り口から部屋の玄関までこのような防犯設備になっていれば犯罪者は間違いなく玄関からの侵入をあきらめるでしょう。