<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

勧誘とセールスの注意点

一人暮らしをしていると必ず来るのが勧誘やセールスです。女性の一人暮らしの場合、心当たりのない訪問者には対応しないのが一番良い方法です。何度も同じセールスマンが来る場合もありますが、悪いなどと思わずに自信を持って居留守を使いましょう。この辺は根競べで、そのうち来なくなります。下手に相手をしてしまうと、相手の思う壺です。マンションの管理会社や消防署の名を語り、言葉巧みに玄関のドアを開けさせると言う手口もありますが、マンションの管理会社や、消防署は書面などを使って事前に用件を通達してきますので、突然の訪問は疑ってかかったほうが良いです。うっかり玄関を開けてしまい、後でセールスと気づき、しまったっと言う経験はありませんか?こんな場合丁重ににお引取り頂きましょう。相手を挑発したりして、からかってはいけません。それでもしつこい場合は警察を呼ぶといいましょう。大抵がどうぞ呼んでくれと開き直りますが、実際に電話をしている所を見せるとすぐに逃げていきます。新聞などの営業に来て新聞を取るまで帰らないと居座られたり、わいせつ被害にあったりするケースもあります。知らない訪問者に対してドアを開けないようにしましょう。玄関には男性用の靴を一足並べておくと、万が一の時に効果を発揮します。