番犬とセンサーライト

昔は犬を玄関や庭で飼っているお宅が多かったです。玄関の入り口に猛犬注意と言うステッカーが貼ってあり、人が通るだけでほえる犬もいて、番犬などといって防犯に効果がありました。今の時代は犬も家族の一員として家の中で飼うようになり、ほえる犬も少なくなりました。しかし犬を飼っている部屋は泥棒や変質者も警戒するようなので、効果があるようです。泥棒や変質者は犬に襲われる危険に恐れているのではなく、ほえられるのに危機感をいだいていますので、犬の大きさはあまり関係ないようです。来客が来ただけでほえる勇敢(?)な犬が番犬として効果があります。
玄関やベランダにセンサーライトをつけてると効果があります。泥棒や変質者にこの家の住人は防犯対策しているとアピールする効果があります。あなたが玄関に立ち、鍵を開けようとしたときにセンサーライトがついたのを変質者が見ただけで襲うのを躊躇するでしょう。実生活にも便利で、暗くなってからちょっとベランダに出るのにも便利です。難点を言えば野良猫が通っただけでも明かりが付いてしまってビビッてしまうことがあります。しかし又野良猫だろうと警戒心を忘れては無意味です。明かりがついたら確認するくらいの慎重さがあったほうがいいと思います。