<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

犯罪に遭った時の対処法

火事だ〜っと叫ぼう
痴漢や泥棒などに襲われて首を絞められたり抱きつかれたりした時は、相手の二の腕をつねったり、噛み付いたりすろと良いでしょう。絶対に離します。その隙に男の股間を蹴り上げれば言うことなく100点満点ですが、頭では分かっていても、とっさには出来ないと言う方が多いでしょう。無理して戦って返り撃ちを食らっては、命にかかわる問題になる場合もありますので、相手がひるんだ隙に逃げるのが一番です。そんな時ただ逃げるのではなく、火事だ〜と叫びながら逃げましょう。痴漢や泥棒に遭っても火事だ〜と叫んだほうが、有効です。痴漢だ〜、泥棒〜っと叫んでも、かかわりたくない人もいるため知らん顔されてしまう可能性がありますが、火事となると自分の問題になるかもしれないので、聞きつけた人は外に出てきます。こういった事は経験のない人が圧倒的で、いざとなると声すら出ない方います。女性の体験談を聞くとそういった方が大半で、逃げることすらままならないで、固まってしまう方もいるそうです。実際事件に対処できるか、事件が起きてみないと分からない場合が多いので、対策としては、防犯に対する意識を向上させる事が一番です。夜道を帰宅する時には、いざと言う時にすぐ使えるように、防犯ベルを握り締めて歩いてください。そして危ないと思ったら「防犯ベルを鳴らして火事だ〜っと叫びながら逃げる。」と2,3回自分に言い聞かせてから歩き始めると言うことだけでも、いざという時にその通り実行できるようになります。こんな簡単な訓練でも効果がありますので、ぜひ実行してみて下さい。