<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

防犯ベルの欠点と防犯ホイッスルの有効性

車や部屋の鍵は護身用につかえます。私は鍵で殴られたことがありますが結構いたいものです。鍵の先端部分を相手にぐさりと刺してもかなり痛いです。つかまれたりして身動きが取れない場合でも先端部分を押し付けるだけでもかなり痛く、絶対に離します。相手がひるんだ隙に逃げましょう。逃げるときには火事だ〜っと叫びながら逃るとか音の出るものを鳴らしながら逃げるのも効果があります。音が出るものとして防犯ベルが代表的ですが、防犯ベルはいざと言う時に操作が出来ないとかカバンに入れてあるのでカバンから出している暇がない、電池切れ、故障など使いきれない事例が多いです。音が出るものとして意外と効果的なのが防犯用のホイッスルです。防犯用の笛を首からさげて歩いている人もいますが、カバンにキーホルダーのように付けておけば、かわいくてアクセサリーにもなるし、すぐ使えて安心です。しかしどんな準備をしていても、いざと言う時に使えなくては効果がありません。自分の中で、笛を吹きながら逃げるとかマニュアルを作って言い聞かせるだけでも、いざと言う時に効果がありますのでぜひ取り入れてみてください。私の知り合いは防犯ベルを握りしめて帰宅している方もいます。ここまでやればいざと言う時に対処でき、危険から身を守れます。ご自分に合った方法を試してみて下さい。