ベランダや窓の防犯対策

泥棒や変質者の多くは、ベランダや窓から侵入してきます。これはディンプルキーや防犯カメラなど玄関の防犯対策がここ近年非常にレベルアップした事が考えられます。という事は、ベランダや窓の防犯対策を充実させれば防犯対策は成功したも同然です。
1、カーテンのデザイン、洗濯物や傘を干す時など女性一人暮ら しである事が犯罪者に悟られないようにするのが非常に大切です。
2、窓から部屋の中を覗かれない様にする、夜には雨戸やシャッターの付いている窓は必ず閉める、窓を開けっぱなしにしない。
3、窓ガラスの多くはクレセントタイプの鍵なので、クレセントに鍵が掛かるものに交換する。これは非常に効果的です。鍵を掛ければ、クレセント自体が回転しませんので、侵入は非常に困難です。
4、窓にもう一つ補助錠を付け、ツーロックにする。
5、振動を与えると大きな音の出る防犯ベルを取り付け、防犯ベル作動中のステッカーを貼る。
6、ベランダに防犯カメラや、センサーライトを取り付ける。
7、ベランダに玉砂利を敷き詰めて、人が歩くとジャリジャリと音の出るようにする。
ここまでやれば泥棒や変質者も侵入をあきらめるでしょう。大切なのは防犯意識の高いと言う所をアピールする事です。