ベランダの防犯に有効な防犯グッズ

ベランダは泥棒や変質者の注目する所です。2階以上でもベランダは泥棒や痴漢の侵入経路になっていて、泥棒はベランダのガラスを割ってサムターンを回し部屋に侵入するのに10秒もかからないそうです。しかしベランダのガラスが防犯ガラスだったり、振動があると大きな音が鳴ったり、クレセントが回らないように鍵がついていたり、その他に鍵がついていて2ロックになっていたり、防犯カメラや人影や体温でライトがついたり音が鳴ったりする防犯グッツがたくさん出回っています。これらはすべて有効ですが、ベランダの環境や状態によって選ぶものも変わってきますので、この防犯グッズの選択は自分が泥棒になったとき、このベランダにどんな対策をしてあると侵入をあきらめるか考えてみると、有効的なグッズを選ぶ事が出来ます。泥棒や変質者は侵入に5分以上かかると侵入をあきらめるそうです。ということは、防犯に神経を使っていて常に警戒している。侵入に時間がかかる部屋というのは、泥棒や変質者も敬遠します。これは狙っている部屋の色々な事をさまざまな角度から観察して、確実な狙いを定めてから犯行に及びます。この部屋の住人は警戒心が強いとか、防犯対策がしっかりしていて、手ごわそうだと泥棒や変質者に思わせる事が出来たら防犯対策は成功したも同然です。