<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

ベランダの防犯対策は重要ポイント

ベランダと言うのは泥棒や変質者の注目しているポイントです。泥棒はベランダからの侵入を試みていますし、変質者もベランダに干してある下着を泥棒したり、ベランダから部屋の中を覗こうとしたり、部屋に押し入り強姦しようとしています。泥棒や変質者はベランダの洗濯物から家族構成や生活習慣を観察しています。ベランダに下着を干さないというのは、女性一人暮らしというのを泥棒や変質者に悟られない有効な対策の一つで、一人暮らしの女性には常識で皆さん守っていらっしゃると思いきや、下着ドロボーが捕まって女性の下着、○万点押収などとニュースに出るので、まだまだ防衛意識が足りないようです。泥棒はマンションの4,5階位高さは簡単に登ってきます。特に階段やベランダ付近は足場となるものが多く、私の友達の○○○の職業の人も(名誉の為、職種は伏せさせてください。)ベランダ伝いに5階位の高さなら簡単に登れると断言しています。と言う事は、1階も5階も危険度は変わらないと言うことです。むしろ5階に住む女性の方がベランダの鍵の閉め忘れなどのセキリティーがおろそかな場合が多いそうです。あなたも心当たりありませんか?こんな話もあります。夜中トイレに目が覚めたら、ベランダに男が立っていて、部屋のい中を覗いていたそうです。
ベランダに古新聞やごみなども置かないほうが良いでしょう。紙のごみの中には個人情報となる名前の入ったものが紛れ込みやすいです。生ごみの中も漁って個人情報を探る泥棒もいるそうです。放火の原因になったりしますので、注意が必要です。