ドアスコープとサムターン回し

ドアスコープとは玄関の内側から来客者を確認する為の覗き穴のようなものです。来客者が来たときはいきなりドアを開けずこのドアスコープから覗いて顔を確認しましょう。それ以前に心当たりのない訪問者は対応しないのが一番です。申し訳ないという気持ちもわかりますが、居留守を使うのが有効です。宅配便や郵便など来ると分かっていても一度は不在票を入れてもらう位で丁度良いです。中には宅配便を装った犯罪もありましたので、女性の一人暮らしの方は慎重な位の対処をして丁度良いのです。このドアスコープですが、ここから部屋の中を覗き見して観察する犯罪者もいます。その対策としてドアスコープにカバーを付けて外から覗けないようにするのが良い方法です。アルミホイルを詰めてしまったり、穴の上部から布でも紙でも良いので、テープなどで止めてはぐれば、外を覗くのにも使えるようにしておくと良いでしょう。このドアスコープを破壊してサムターン回しの器具を入れサムターンを回して部屋に侵入するという手口もあります。これにはサムターン回し防止カバーやサムターンが丸く空回りする器具を付けるのが有効です。プラスチックの丸いサムターン回し防止カバーがありますが、あれではすぐ破壊されてしまい効果はありません。サムターン回し防止カバーを付けるなら金属性のものをおすすめします。泥棒は信じられない位の技術を待っていますので侮ってはいけません。