<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

鍵についてのうっかりミス

毎日鍵をかけて学校や会社に出かけるのですが、鍵を鍵穴にさしたまま忘れてしまう場合があります。これを見つけた泥棒はラッキーとばかりに空き巣に入ります。また実は泥棒でなくても鍵が鍵穴に刺さっているのを見つけて、出来心で泥棒になってしまった場合もあります。これでは泥棒を増やしてしまっているようなものですので、細心の注意をして下さい。こんな話をしている私も恥ずかしいのですが、自宅の鍵をつけたままで会社に出かけたり、車の鍵をさしたまま部屋に戻ったなどは、珍しい事ではなく、カミサンにあきれられています。自分の不注意なのですが、ありがたいことにこれが原因で事件になったことはなく、ただただラッキーなだけですが、部屋に侵入され荒らし放題に荒らされて、金品をとられても文句は言えませんので、注意したいと思います。
鍵の盗難や紛失した場合もすぐに鍵を交換する事をおすすめします。日中に鍵の入ったバックを盗まれ、夜帰宅してみたら部屋を荒らされて金品を盗まれていたという事件もあります。バックに免許書が入っていて泥棒に住所が分かってしまったそうです。この方はバックを盗まれた時に鍵を取り替える予定でいましたが、バックを盗まれたその日に泥棒に入られては打つ手なしと言う感じで、気の毒になってしまいました。