<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

玄関から泥棒に入られるパターン

玄関、窓には二つ以上の鍵をつける事は非常に大切な事です。玄関から侵入を試みる泥棒の大半はピッキングやサムターン回しで玄関のドアを開けます。この泥棒に対する防犯対策は、ディンプルキーなど高性能な鍵に交換するのが一番効果的です。サムターンもサムターン回しでは、簡単には開かないタイプのものもあります。もう一つ、鍵を掛け忘れて出かけてしまった時に、運悪く空き巣に遭ってしまったと言う気の毒な話もあります。泥棒は狙った現場の情報収集をする時に、(この玄関の鍵は開けやすいか、防犯対策を実施していないか?など)玄関のドアノブも回してみるのですね。こういったタイミングの時に泥棒のプロに空き巣に入られてしまいます。鍵の掛け忘れは注意するしか防ぐ方法はありませんので、みなさん気をつけましょう。ごみ出しなど短時間の外出で鍵を掛けなかった時なども空き巣に狙われる実例が多いです。ごみ出しの時間とかごみ収集車がごみの回収に来る時間は大体決まっていて、泥棒もどこの住人がいつ頃ごみ出しするか
観察しています。ごみを出したついでに近所の方と井戸端会議をしている隙に空き巣に入られると言う被害は多く、テーブルの上に財布を出しっぱなしにしていて被害に遭ったなどという話は良く聞きます。一人暮らしのOLや学生の方で出かける時間の早い方は、出勤の時にごみ出しをする方が多いでしょうけど、ゆっくりの出勤の方はごみ収集の前にごみを出すでしょうから、この話は当てはまりますね。井戸端会議をする相手はいない方でも、たまたま近所に方に話しかけられるかも知れません。ごみ出しなど短時間の外出でも鍵は必ず掛けましょう。