表札とポスト

表札やポストにフルネームで名前を書いてはいけません。個人情報を教えてしまう事になってしまう事と、女性の一人暮らしである事を教えてしまっていることになります。何も書かないのが一番良いのですが、色々と不都合もあるでしょうから、苗字だけ手書きで書いておくと言う方法があります。この時女性の丸いかわいい字ではいけません。男性に代筆してもらうと良いでしょう。他には父親や兄弟などの名前を書いて女性の一人暮らしである事を知られないようにしましょう。
ポストにも鍵をつけることも大切です。泥棒や変質者は郵便物からもこの部屋に住んでいる住人はどんな人なのか観察しています。宛名を見らてしまうと、対策の効果がなくなってしまいます。最近の集合ポストはダイヤル式の鍵がついているタイプのポストが多いですが、ダイヤル式の鍵をめんどくさがって簡単に開けられるように設定してしまっては、効果も半減してしまいます。
昔多かった玄関のドアにポストがついているタイプで郵便受けの箱が付いていないタイプのドアのポストは、ポストの入り口から部屋の中の状況を観察されたり、手を入れて内鍵を開けたり、器具を使ってサムターンを回したりして部屋に押し入られてしまう最も危険なドアです。ポストに入り口から部屋の中を観察されないようにするためには、目隠しの暖簾の様なものをつけるのが有効ですが、安全を考えてしっかりした素材のカバーを取り付けるのがもっとも効果があります。